おしらせ

12月のgalleryは写真です。
門司祥(モンジサチ)さんの写真展を企画致しました。
博多・須崎町にて
フォトスタジオ「NORS Photographica」を主宰している門司さん。

プライベートな作品として
撮りためて来た写真を
展示・販売致します。

昨年、7月に東区・箱崎「パンストック」さんの店内にて開催した企画展以来
自身2度目となる作品展となります。

モンジさん。
彼女の写真の被写体は「植物」です。
ドライの植物。
しかし、単なるドライフラワーとは違います。
「ドライ」になりきった植物ではなく
「ドライ」になるまえの植物なんです。

その作品はまるで絵のようにも見え
植物の葉脈は生々しく
植物の持つ美しさを
このような形で表現し見せてくれることに感動を覚えます。

モンジさんの作品の中にある「間」も
その魅力の一つだと思います。

どうぞ皆さんにもぜひご覧いただきたいと思います。

ご本人も数日在廊されますので
そのタイミングでのご来店もお勧めです。
在廊日/7日(土)8日(日)15(日)

「Dry 02」

Photo Exhibition
MONJI SACHI
2019.12.07.sat~15.sun
11:00~17:00
at galleryto-ka(バーガートウカ2F)

*同敷地内、併設する喫茶陶花/バーガートウカのosは16:00となります。

16日(土)からスタートする「middle」さんのpop up store

ディスプレイには
呉服町にあるヨーロッパ雑貨・家具のお店「UNLOOP」さんの
家具や照明などを配置いたします。
「middle」さんと「UNLOOP」さん
2組によってgalleryがどんな空気感になるのか楽しみです。

ディスプレイに使用する「UNLOOP」さんのアイテムもご購入いただけます。

middle pop up store
「MY WARDROBE」
2019.11.16.sat~24.sun
galleryto-ka(バーガートウカ2F)

*併設する喫茶陶花/バーガートウカのosは16:00となります。
*3000円以上お買い上げのお客様にはトウカのクッキーをプレゼント致します。

「middle」pop up store

「middle」さんの約一年ぶりのpop up企画です。

昨年は夏のアイテムでしたが、今回は秋冬の物が並びます。

お洋服だけではなく、middleさんオリジナルの小物まで。
そして今回の企画には呉服町にある
ヨーロッパの雑貨・家具を扱う
「UNLOOP」さんがディスプレイに家具などを配置して下さいます。

もちろん、「UNLOOP」さんの家具などもご購入いただけます。

トウカもお買い上げいただいたお客様に焼き菓子をプレゼント。

お食事などと一緒にgalleryもお楽しみ下さいね!!

—middle pop up store—

「MY WARDROBE」

2019.11.16.sat~24.sun
at gallery to-ka(バーガートウカ2F)
*会期中は無休で営業致します。
*併設する喫茶陶花/バーガートウカは16:00osとなります。ご注意下さい。

「石原稔久×繁森誠」

宮若市在住の陶芸家の石原さんと
薬院にあるお花屋さん「花屋マウンテン」店主繁森さん
との共同企画です。

石原さんがライフワークとして制作を続ける「動物の神さま」を配置し
繁森さんが植物を添えてその世界観に物語を想像します。

会期を前半と後半に分け
それぞれに「めぶくまえ」の世界と
「かれるまえ」の世界に表現されます。

会期は約4週間。
はじまりからおわりまで、
必ず日々変化を続けていくこの企画展を
皆さんにぜひご体感頂きたいと思っています。

「めぶくまえ」
9.14[土]~9.23[祝・月]
「かれるまえ」
9.25[水]~10.6[日]

gallery to-ka(バーガートウカ2F)
11:00~17:00

*会期中のお休みは9.20[金]9.24[火]10.4[金]となります。

*喫茶陶花とバーガートウカのosは16時です。

*会期中バーガートウカのスペースにて石原さんの器の販売も行います。

————————————————————————————————————-
「めぶくまえ」と「かれるまえ」
石原稔久さんが制作を続ける「動物の神さま」。

世界中を見渡してみると
動物を「神」として祀り生活の一部として暮らす文化や
風習が昔から現在までいたるところで見ることができます。

実際に実在する動物もあれば
想像上の動物もあり、
石原さんはそれら「神さまとしての動物」を取り上げモチーフとして作品を作ります。

その愛くるしい表情や
凛とした立ち姿を見せる土という素材でてきた「動物の神さま」を配置します。

そして、
今回の企画では薬院にある「花屋マウンテン」の店主繁森さんに
植物による装飾をお願いしました。

焼き物と同じ土から生まれる
「花・葉・枝」を使い繁森さんが動物の神さまに添いながら
その世界観に物語を創造します。

動物の神さまと植物。
過去と今、そして未来と無数回にも繰り返される万物のサイクル。

今回はそのどこかにある「ある一回」の循環を
同じ土から生まれた動物の神さまと植物とで表現します。

「芽吹く」は「枯れる」の前に、「枯れる」は「芽吹く」の前に。

会期は前半と後半に分かれます。
「めぶくまえ」と「かれるまえ」
ふたつの異なる表情を持った空間をご覧になって頂きたいと思います。

—————————————————————————————————-

「石原稔久:toshihisa ishihara
instagram @1480toshihis

「繁森誠:makoto shigemori」
http://gotreckking.wordpress.com
instagram @flowersmountain